シティタクシーグループ運輸安全マネジメント

輸送の安全に関する基本的な方針

①安全確保の最優先がタクシー・バス事業者の使命であることを深く認識し、社長及び役員・社員一同が安全確保に最善の努力を尽くす。

②安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上を図る。

③輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。

輸送の安全に関する目標

①交通事故ゼロ

②譲る気持ちで、運転マナーの向上

③3秒の車間距離の励行

輸送の安全に関する目標の達成状況

①平成28年度安全目標の達成状況
死亡事故及び重大事故などの自動車事故報告規則第2条に規定する事故は発生しておりませんが、乗用部門におきまして軽微な事故が発生しております。また、貸切部門におきましては、事故は発生しておりません。 事故ゼロに向けて、全社員一丸となって取り組んでまいります。

②事故に関する統計

年度 乗用部門(タクシー) 貸切部門(バス)
重大事故 交通事故 重大事故 交通事故
目標 実績 目標 実績 目標 実績 目標 実績
平成28年度 0件 0件 0件 7件 0件 0件 0件 0件

輸送の安全に関する行動計画

①毎月集合点呼を行い、輸送の安全に関する教育・指導を実施する。

②デジタルタコグラフ(ドライブレコーダー内蔵型)を導入し、安全運転並びにエコドライブを図る。

③ドライブレコーダーの映像記録を基に社内でのヒヤリハット事例や事故が発生した場合は、その情報を全員で共有し安全運行に役立てる。

④タクシー協会等の講習会や安全運転コンクールに積極的に参加し、安全輸送の意識を高め安全運転を確実に実施する。

⑤無事故者に対する表彰を行う。

輸送の安全に係る情報の伝達体制その他の組織体制

①安全運行管理体制

安全運行管理体制

②事故災害発生時報告連絡体制

事故災害発生時報告連絡体制

輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

輸送の安全に関する教育 …………… 毎月1回
乗務員教育・研修 …………… 毎月1回
事故惹起者に対する指導 …………… 事故発生時

輸送の安全に係る内部監査の結果並びにそれに
基づき講じた措置及び講じようとする措置

輸送の安全の確保状況を点検するために、適切な時期を定め輸送の安全に関し、内部監査を年1回実施いたします。

安全管理規程

安全管理規程・安全管理規程